2015年01月03日

ある団塊 住み込み店員が早稲田のどの店にもいた

●住み込みの女性店員たち

●叔父の精肉店同様、我が屋の「松風」にも店の開店当初から住み込みの女性従業員が4人いた。皆、青森県出身の人たちだった。普段は2階の座敷で寝起きしていた。宴会のあるときは押入れの布団の上に個々の荷物や衣類は収納していた。大学が夏休みのときには、従業員達と共に各地の温泉地を訪ね歩いた。やがて高度成長期に入り、自分が高校の頃(昭和37年前後)になると皆、大手企業の工場などに転職していったが、ときどき懐かしがって我が家を訪ねてきた。

●自分の実家の隣りは「鶴菊」というビリヤード店があった。昭和30年代の前半までは地図を販売する店を営んでいた。大隈通り商店街にはもう一件地図の専門店があった。戦後からこの頃に掛けて日本は登山ブームで、早稲田大学にもご多聞に漏れず登山愛好家の学生たちが大勢いて、これらの地図屋さんには日本全国の山岳地図が取り揃えられていた。当時、早稲田大学登山部は世界の冠たる名峰を次々踏破し、国内の大学の登山部ナンバーワンの存在だった。しかし南アメリカのペルー山脈のある山を登山中に部員が転落死を起こしたり立て続けに遭難事故を起こし、名門早稲田大学登山部は大学当局から一時廃部されることとなった。

このビリヤード店の経営者は父とほぼ同年代の立教ボーイのしゃれた親父さんだった。このビリヤード店にも住み込みの女性店員さんが4〜5人いて、女給さんと呼ばれていた。このビリヤード店では寿屋(サントリー・旧社名)トリス・バーも併設して経営していて、彼女たちが掛け持ちでこのトリス・バーで働いていた。

トリスバー写真.jpg

寿屋トリス・バー 写真

自分も高校生時代、我が家の隣りにあるビリヤード店で時に徹夜をするほど、玉突きに夢中になっていた。段々腕が上達するにつれ、ビリヤードにおいて初心者、初級者からは憧れみたいな高等技術として、マッセショット「手球(白いボール)を上から撞いて強い回転をかけてカーブさせたりするショット」や、ジャンプショット「キュー(球を撞く棒)を上から撞き下ろし、テーブルの手球を飛ばすショット」ができるようになった。しかし時々マッセショットを行って、ビリヤード台のラシャ張りの布地をキュー先で破ってしまうこともあった。

グランドマッセ.jpg

ビリヤード グランドマッセの姿勢

大隈通りの大学正門付近に稲門堂という政治経済学部の教科書を販売する書店があったが、この書店のご主人もビリヤード店の常連で、ある女給さんと結婚した。ところが数年経っても子宝に恵まれず離縁し、このビリヤード店の別の女給さんと再婚。この女性との間には一男一女を授かったが、まだ当時は子どもに恵まれない女性を“産まず女”などと称して、戦後にもかかわらず平然として離縁・再婚が行われていた。

http://matome.naver.jp/odai/2138319332138548401

ある団塊 No.24 2015.1.3.
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。