2015年01月19日

ある団塊 中学受験に失敗

●中学受験に失敗 父に初めて叱責される
中学進学で。自分は区立の小学校で過ごしてきて、自動的に進学できる区立中学に入学するつもりでいた。それがなぜ自分が私立中学を受験したのか、記憶は定かではない。今思い返すと、父の勧めで私立の早稲田中学を受験することになったのだと思う。特に受験対策をすることもなく入試を受け、結果は合格することは出来なかった。※父が自分にワセ中を受けされたのは、父のすぐ上の戦死した兄が早稲田大学の理工学部卒業だった、父の“ワセダ”へのこだわりが何かあったのかも知れない。

早稲田中学.jpg

早稲田中学・高校 正門

「不合格になったのは自分が受験などしたくなかったかのに、無理やり受けさせられた」とのくすぶった思いの日が続いていた。そうしてダダをこねるようにして過ごしていたある日、何かのはずみで自分は父に向かって掴み掛っていった。父は咄嗟に大外刈りのような技で、自分は畳の上に叩き付けられた。父は陸軍時代、柔道と剣道共に4段の腕前だった。それまで父から怒られたり、殴られたりするような体罰を受けたことは一度もなかった。中学受験に失敗して子ども心に落ち込んでいたとき起きたこの“決して体罰ではなかった”出来事は、このとき一度だけだった。
だから自分は父からは殴られたり、暴力を受けるようなことは一回もなかった。

そんな経験が体に染みついていたからか、結婚した後に二人の男児の子育て最中では、自分も息子たちに手を挙げたり、暴力をふるうようなことは一度もしなかった。

ある団塊 
早稲田のまち青春爆走記 
小学校編 完

ある団塊 No.26. 2015.1.19.
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。