2014年11月25日

二人の男と日本人の心

●『役者道』高倉健と『相撲道』白鵬
高倉健が亡くなった。男性の平均寿命が81歳の時代、83歳という年齢は決して短命ではない。しかし何故かその死が惜しまれる。
学生時代からそして社会人になってからも、昭和残侠伝シリーズ・唐獅子牡丹や網走番外地シリーズなど高倉健の映画は、東映の映画にもかかわらず、映画館は何故かほとんど高田馬場の早稲田松竹で観た。最終上映回は午後11時をすぎていたが、そんな時間帯でも立ち見も含めて立錐の余地もない程毎回、館内は観客で溢れ返っていた。

不条理な仕打ちに耐え、ついには復讐を果たす高倉演じる主人公は、自分はノンポリだったが学生運動に身を投じる学生を含め、当時の男たちに熱狂的な支持を受けた。通路まで満員になった観客がスクリーンに向かって喝采し、映画が終わると皆主人公に自分を重ね合わせ、映画館を出ていったときのあの高揚した気分が忘れられない。

http://www.youtube.com/watch?v=Lf2HqsCoA0w

※高倉健 映画「唐獅子牡丹」 主題歌

その後『動乱』や『八甲田山死の彷徨』『幸福の黄色いハンカチ』など、高倉健は任侠路線から決別していくが、決して演技派俳優ではなかった。ただ、そのストイックな生き方といい、ベールに包まれた私生活といい、彼の生き様に強く惹かれるのは何故なのだろうか。「自分は常に日本人でありたい。世界のどこにいても、仕事でどんな役を演じても、自分は常に日本人です。」そう語った高倉健。
中国外務省報道官も、高倉健の死去について異例の哀悼の意を伝えるコメントを出した。

一方で、昨日大相撲で大鵬に並ぶ32度目の優勝を成し遂げた横綱白鵬。
「この国の魂と、相撲の神様が認めてくれたからこの結果があると思います」と語りながら目頭をぬぐう白鵬もまた、日本人以上に日本人の心を感じさせる。「角界の父・大鵬親方の偉大な記録に並んだことは、約束と恩返しができたと、そういうことです」。人生の師匠は大鵬と語る白鵬。

『役者道』と『相撲道』。二人が歩んできた“道”は違えども、共通するのは、“無骨”で“不器用”で“一途”な男の生き方。だから二人の『道=生き様』に人は共感するのだろう。
posted by DNO理事長 at 00:30| Comment(0) | 早稲田のまち便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月27日

KITTE伝統工芸展に行く

学生時代の友人がKITTEに出展


10月27日
妻と東京駅前のKITTE「日本のモノづくりへのこだわりと日本ならではの美意識を感じさせる物販店舗が数多く入居」(元日本郵便ビル)で行われている金沢伝統工芸展に行く。昨日から出展(水曜迄)している学生時代のクラスメイトN氏の経営する会社が、柿渋を使って製造している和紙の作品を鑑賞。便せんや封筒など、出色の作品が並ぶ。現代社会では人は大方のコミュニケーションを電話やパソコンで済ませてしまう。手書きの手紙を書く人などほとんどいなくなり、こだわりの和紙に書かれた手紙を遣り取りする“ぬくもり”のあるコミュニケーションを交わす相手がいることの何という贅沢なことか。


キッテ アトリウム.jpg

KITTE アトリウム

まるとも 写真.jpg

N氏の出展ブース

まるとも商品写真.jpg

伝統和紙で作られた様々な作品

新装された東京駅 写真.jpg

KITTE横の新しく復元された東京駅の全景


posted by DNO理事長 at 23:24| Comment(0) | 早稲田のまち便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月21日

秋の早大構内は大賑わい

10月19日(日)早大ホームカミング・デー

先週の日曜日はイベントが目白押しの一日だった。
11時 まずは早稲田大学本部キャンパスで
第3回早稲田かつお祭りの最終日大抽選会が
行われた。

特等は気仙沼プラザホテル・ペアで3組招待。
(往復東北新幹線乗車料金付き)

一等は日本一の戻りガツオ水揚げ量を誇る
気仙沼の生の戻りカツオが100本当たる、
空くじなしの大人気抽選会だ。

私と早大早田宰教授とで企画して始めた当イベントも
すっかり早稲田の秋の風物詩となってきた。
商店街や早大生の皆さんが3週間、掛かり切りで
イベントを作り上げてくれたました。
皆様、ありがとうございました。

3回かつお祭り抽選会.jpg

ガラガラを使った大抽選会の模様。


3回かつお祭り抽選会行列 回転後.jpg


早稲田かつお祭り・大抽選会の順番を待つ長蛇の列

第3回かつお祭り 中山区長 早田 他.jpg

新宿区中山区長と左が櫻井。右端は
早稲田大学早田宰教授。
中央のカツオ姿は早大生の中野さん。
その後ろ左から、滝吉w商連事務局長
新宿区中川商工課長、
早大横山総務部長
畠山宮城県会議員

ほやぼーや 中野君 かつお着ぐるみ.jpg

気仙沼のキャラクター「ほやボーヤ」と「かつお君」


午後1時からは早大70年卒の年次稲門会が
文学部カフェテリアで行われた。
同期の元中日ドラゴンズで首位打者を獲った
矢沢健一氏がこの年次会の会長。
矢沢選手とは学生時代、麻雀屋でよくご一緒した。

矢沢氏 中山 櫻井 写真.jpg

手前左櫻井と後ろが矢沢選手、同期の二人

美よし会 14年かわうち前.jpg

午後2時からは政経学部のクラス会
懐かしの顔ぶれが集まる。体力の衰えと
病気の話に花が咲く。
早稲田の居酒屋「かわうち」前にて
ビフォー・アフターならぬアフター姿のおじさん達
posted by DNO理事長 at 11:41| Comment(0) | 早稲田のまち便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。