2014年12月26日

ある団塊 自分もいじめっ子だった

●自分も“いじめっ子”だった
実は、自分はいじめっ子だった。小学校の帰り道が一緒だった同級生のS.S夫君を、いつも家来のように従えていた。当時、プロレスが全盛期の時代だった。

「プロレスごっこ」という“いじめ”

テレビで見たプロレスの技をまねて、自分で開発した“新技”をS夫君に掛けると、その都度S君は「効いた、効いた、今までで一番効いた ! 」と反応してくれるのが、何故か快感だった。
彼は、とてもおとなしくて、やさしい人柄だった。そんな彼を、自分はいつも家来のように従わせ、今でいえばいわゆる“いじめ”という行為をし続けていた。彼の家は早稲田大学南門前にある早稲田の老舗レストラン・高田牧舎の裏にあった。四人兄妹の三番目だったS君は中学卒業後、郵便局に入り、その後タクシーの運転手となったと、3年ほど前に妹さんから聞いたが、実家には全然立ち寄ることもなく、音信不通とのことだった。

S夫君、あの頃はごめんね !

●昭和のエピソード
茨城県下妻市の吉原酒造(清酒正成や筑波誉などの醸造元)に嫁いだ自分の伯母(父方)の家にはまだ当時、非常に高価だった白黒のテレビがあった。プロレスの実況があるとはには、地域の人々が黒山のように集まってきた。
昭和29年、力道山・木村正彦VSシャープ兄弟のタッグマッチがテレビ中継で行われた。まだ敗戦に打ちひしがれていた日本国民は、力道山が白人のシャープ兄弟(カナダ国籍)に空手チョップを打ち込む度に大熱狂した。昭和32年には世界ヘビー級王者であった“鉄人”ルー・テーズの招聘に成功。その翌年に力道山は渡米してテーズとの再戦に挑み、インターナショナル選手権を獲得した。日本プロレスにおける看板タイトルとして、日本で防衛戦を行った。
また昭和38年の力道山VSデストロイヤー戦では、テレビの視聴率は64% にも上った。
●名(迷)レフリー沖識名
力道山の試合ではか必ず沖識名がレフリーをしていた。沖識名はハワイ人でプロレスラーとして活躍していた。力道山をプロレス界に導いたいわば生みの親だった。力道山が対戦相手にリング外に放り出されて場外乱闘となるときには1カウント1秒のはずのカウント(10カウントで敗戦)が時には2秒、3秒と長くなっていた。そして力道山かリングのロープをくぐるやいなや直ぐに9カウントとなり辛くも10カウントを免れ、対戦相手はリングに戻れず力道山が勝利。そのスリリングさに大衆はやんやの喝さいを送った。
※力道山は日本併合下の北朝鮮で現地人の両親のもとに生まれた。後に長崎県大村市の農家・百田家の養子となった。



1963年5月24日東京で行なわれた試合  視聴率64%

1963年12 月8日午後10時30分に、遊興中の赤坂のナイトクラブ「ニューラテンクォーター」で、住吉一家傘下の大日本興業構成員であった村田勝志と足を踏んだ、踏まないで口論になり、馬乗りになって殴打したとこ ろ、村田に下から登山ナイフで腹部を刺された。だが、自ら持ちかけた喧嘩ということもあり表沙汰にはせず、知り合いの勤める山王病院に入院。12月15日に化膿性腹膜炎で死去した。

ある団塊 No.21 2014.12.25.








2014年12月19日

ある団塊 “性”への目覚め


●“性”への好奇心
 小学校6年の頃、他クラスにN.S一郎という小学生にしてはかなり大人びた男児がいた。彼は12歳でもう陰毛が立派に生え揃っていた。彼は周囲の友達を引き連れ、トイレに誘い、自慢の陰毛を見せるのが大変誇らしげだった。彼がチャックを下ろし始め、その周りを取り囲むように何人かの子供たちが覗き込むと、“おお〜”と驚嘆の声がトイレの中に響き渡った。彼のそれはすでに包皮もめくれていて、まさに大人のそれだった。

●初めてのオナニーと射精
我が家では妹と自分を両親が両側から挟むようにして、いわゆる“川の字”で寝ていた。ある冬の晩、何気なく手で股間をいじっていると、だんだんそれが硬直してきて、やがて股間の付け根辺りから“異様な”我慢しきれない感覚が先端の方にまでやってきた。そしてとうとう、気の遠くなるような、下半身全体が悶えるような状態が訪れた。自分は両手の指で先端部分を懸命に抑え続けたが、ついには抑えきれずに、指先からはしびれるような快感と共に“ねばねば”したものが溢れ出て来た。横に寝ていた母がその様子に気が付いて、何もいわずにタオルを手に取り、その“ねばねば”したものを拭き取ってくれた。
それから自分はその快感のとりことなった。それ以降、寝るときに布団の中にタオルをそっと忍ばせ、度々その行為に耽るようになった。小学6年のときだった。

●ある時、自分の隣りの席に座っていたH子が授業中に急にシクシクと泣きはじめたことがあった。彼女が何故泣き出したのか、自分には理由が全く分からなかった。女性のY担任教諭は黙って彼女を保健室に連れて行った。やがて戻ってきた先生は、椅子や床の汚れを拭き取るような動作を行い、特に事情を説明することもなく授業を続けた。それが初潮であったと分かるようになったのは、随分後年になってからだった。

図.png

            資料 日本性教育協会HP

ある団塊 No.20 2014.12.19.

2014年12月15日

ある団塊 早稲田界隈

●新江戸川公園
都電早稲田停留所の先の、神田川に掛かる豊橋を渡ると、ここもまだ当時は整備されていない、庭園内は荒れ放題だった新江戸川公園があった。池に古舟が浮かんでいて、ジャリ場(※)の在日の連中が2〜3人でこの古舟に乗って遊んでいた時、その舟が急に傾きだし沈没してしまった。その光景をR・Kと見ていて、思わず声をあげて笑ってしまったところ、「おまえら、チョットまて! 」と呼び止められられた。これはヤバイと思ったR・Kと自分は懸命にその場から逃げた。自分は都電早稲田停留所の近くで肉屋を経営していた叔父の店の中に駆け込み、難を逃れた。R・Kは公園からほど近くにあった自宅の裏口から逃げ帰った。在日の連中はケンカはめっぽう強かったので、捕まったら最後、どうとっちめられるか分からななかった。
※(ジャリ場)江戸時代の頃、神田川にあった川砂利の集積場があったところで、早稲田界隈の人達は在日の人たちの家が集積していたのをジャリ場と呼んでいた。

新江戸川公園 入口写真.JPG

新江戸川公園 入口写真

新江戸川公園 池の主審.jpg

新江戸川公園 整備以前の写真

●子供相撲大会とジャリ場の有田3兄弟(在日二世)
グランド坂下の金城庵から裏道に入ったと所に早稲田のOBたちがよく通う、おでんが名物の居酒屋志乃ぶとの横が、都電通りを挟んで空き地となっていた(高野質屋の所有地)。現在は駐車場となっているところに相撲の土俵があった。この有田3兄弟も在日だったが、ケンカも相撲もめっぽう強かった。この土俵で年一回、子供相撲大会が行われていた。自分も小学校では相撲は一二を争う程強かったが、ここの相撲大会の学年別子供相撲対抗戦の決勝では、有田兄弟の一番下の弟と対戦したが、彼には毎年のように負けていた。

子ども相撲の土俵 写真.jpg

高野質店の敷地にあった子供相撲の土俵

志のぶ 写真.jpg

おばちゃん写真志のぶ .jpg

居酒屋 志乃ぶ 名物女将さん

●大隈通りの銭湯の恵比寿湯 
大隈通り商店街の途中を路地に入ったところに恵比寿湯という銭湯があった。
ときどき学校から早く帰った日など銭湯の一番風呂(午後4時から営業)に入りに行くと、大隈通り中程にある運送屋の斎藤爺さんと出合った。この爺さんは必ず一番風呂の時間に来ていた。 一番風呂はともかく熱かった。二つあるぬるい方の湯船でさえ子どもには熱過ぎて入れず、水をジャージャー出して熱い湯を冷ましていた。するといきなり後ろから手桶に汲んだ水を斉藤爺さんにひっかけられ、「せっかく沸かした湯をうめるんじゃねえ」猛烈な剣幕で、こう怒鳴られた。
しかし翌日通りで斉藤爺さんと会うと、今度は機嫌が良かったのか、飴玉をくれたりしてご機嫌なことも多かった。今考えてみると、エネルギーを無駄遣いするなとのメッセージだったのか。
それにしても、こうした“親父”は今のコミュニティではいなくなってしまった。
そもそも近年の町には、銭湯も子どもたちの姿もあまり見かけなくなってしまった。

恵比寿湯 写真.jpg

早稲田の銭湯 恵比寿湯

●恵比寿湯で、まさかの出来事が。しかしそれは事実だった 女湯に大人の男性が入浴してきのだ。
まだ小学生だった自分はときどき母親と一緒に女湯に入ることがあった。当時は逆に父親が娘を連れて男湯に入ったりすることも普通のことだった。ある時母親と女湯に入っていて、不思議な光景を見た。自分が先に湯船に入っていたとき、“そのひと”が胸から腰に大きめなタオルを巻いて、湯船に足を入れてきた。すると腰に巻いたタオルが割れて股間の部分が、湯船に体を沈め低い姿勢でいた自分に見えてしまったのだ。それは紛れもなく“男のシンボル”だった。自分は何か見てはいけないものを見てしまったような屈折した気持ちになった。それは今の時代の視点で考えてみれば、その人は性同一障害者だということなのだろう。銭湯から出てからも、母親にその話をすることは憚られるような気持ちのままでいた。

●そして銭湯は地域の社交の場
高校生の頃になって、たまに深夜の12時頃銭湯に行くと、そこは仕事を終えた人たちの町の社交場だった。大隈通りをまがって正面にあったランチハウス「ときわ」の名物親父の浜岡さんや都電通りにあったパチンコ屋三光堂の従業員たち、自分達は鉄人28号と呼んでいた在日のパチプロのヤッサンや、“わらじカツ”で有名な大隈通りの中ほどにあった早栄軒のとしちゃん、グランド坂の途中あった“ひげの焼き鳥くに兵”の豊かさんなど、仕事を終えて一汗流しに来る早稲田の商店街の人たちで大賑わいだった。

写真早栄軒 .JPG

大隈通り商店街の早栄軒

ある団塊 No.19 2014.12.15.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。